レーシック手術の種類には・・・

レーシック手術に興味があって、ネットや本などでいろいろと調べてみたのですが・・・

手術の種類は、かなり多いみたいですね(^_^;)

まず、一般的に呼ばれているレーシックですけど、これは、ケラトームレーシックのことなのだそうです。

点眼薬で麻酔をした後、マイクロケラトームという電動カンナのようなものでフラップを作ることから、そう呼ばれています。

それ以外にも、ラセック(LASEK)、PRK、アイレーシック、イントラレーシック、ウェーブフロントレーシック、エピレーシック、があるようです。

フラップの作り方でこんなに多くの種類の手術方法があるなんて、覚えるだけでも一苦労ですね(^_^;)

それと、こちらは厳密には手術ではなく、一時的に視力を回復させる方法なのですが・・・

オルソケラトロジー、フェイキックIOL、角膜リング、があります。

技術が進歩するにつれて、まだ新しい手術方法が生まれるわけなので、眼科医に聞いてみるといいかもしれませんね(*^。^*)
| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。